出荷場横、避難場所

防災訓練

鱒供養のあとは防災訓練をしました。

「加工場で出火!」の社内放送を受け、ガスの元栓を閉め、出荷場わきの広場へ避難します。

避難訓練のあとは会議室で防火に関するDVDを見て、消防署職員さんのレクチャーを受けました。

駐車場広場にて消火訓練を行います。今年は実際の火を使い、迫力満点でした。消化器からは薬剤ではなく水が出る訓練用のものを使用しました。

【初期消火は以下の手順で】

  • 燃えているものに近すぎないよう3~5mの距離に、出入り口に背を向ける形で立ちます。
  • 避難路を確保、確認します。
  • 天井に炎が届くほどになってしまった場合は、初期消火はあきらめ、すぐさま確保した避難経路から避難します。

3人1チームになり全員、消火訓練をしました。火はいったん消えるものの消火活動をやめてしまうとすぐまた火が戻ります。フレームが消えてもしばらく消化器を使い続けるのがコツのようです。

また、消化器は10秒~15秒ほどしか出ません。遠くから消化剤を出していると、火元に到着する頃には中身は空っぽです。

実際、やってみないとわからないことばかり。
訓練、とても大切ですね。

総務省サイト 消火器の使い方があります。